インドアなライダーがゆく 〜NC750X編〜

東京都北西部区に住む34歳インドア♂が一念発起して2015年大型二輪免許を取得して、アウトドアライダーを目指し走り回る為のキッカケにするための日記。ナガイ...(T_T)

2016夏 西日本横断キャンプツーリング

2016年8月12日〜21日。10日間。
世間ではお盆休みと言われるこの時期、暇が出来たので旅に出る事にした。
 
旅と言うには冒険という要素は薄すぎる内容ではあるのだけども、バイクに跨って中〜長期間家を出る事を個人的に旅と呼ぶ事にしておる。
 
2015年夏の初北海道ツーリングをやってからというもの、あてもなく外出するのが好きになってしまった。
 
2016年5月の東北ツーリング
同年6月の2度目の北海道ツーリングに続いて今年3度目の旅に出る事にした訳であります。
 
取り敢えずの目的地は帰省も兼ねて福岡県は北九州市にある実家。
 
西日本横断と先に決めたので勝手な判断で出発地を名古屋付近とした。色々調べてみたが西日本の定義は曖昧なようだ。
 
 
 
■8/12 東京発琵琶湖行き(初日)
 
高速で名古屋まで走るため、出来るだけ安く済ませられるよう、午前3時出発。
これで深夜割引の30%オフで行ける。
 
蒸し暑い深夜の高速道路を走った。
f:id:junpoi199:20160821214742j:image
 
お風呂大好きなもので、全国各地の無料入浴クーポンが使える温泉博士も忘れずに。
f:id:junpoi199:20160821215025j:image
 
メッシュジャケットを購入してみた。
ラフ&ロード
写真で見る限りはパーカータイプで気に入っていたのだが、来てみるとどうもジャージ感が否めない。
f:id:junpoi199:20160821215137j:image
 
てるちゃん
f:id:junpoi199:20160821215514j:image
富士山仕様のてるちゃん。
仕事しすぎで暑い日が続いた。
 
 
まずは移動移動の1日でお昼頃琵琶湖着。
まずはかんぽの宿でひとっ風呂。
f:id:junpoi199:20160821215635j:image
 
暑すぎて走る気力もなく早々に今夜のキャンプ場へ。琵琶湖はデカイ。
f:id:junpoi199:20160821220038j:image
 
六ツ矢崎浜オートキャンプ場。
琵琶湖の西側にあるとても広いサイトのキャンプ場。料金は1500円と少しお高め。
冷水シャワーが最高に気持ちがいい。
 
この一本目のために一日走っていると言っても過言ではないと思う。
f:id:junpoi199:20160821220734j:image
 
刺身をつまみながら、のんびり飲む時間が最高の贅沢だと感じる。バイクを眺めながら、というのも欠かせない。
f:id:junpoi199:20160821220835j:image
 
夕暮れを見届けて、22時ごろ。就寝。
f:id:junpoi199:20160821221008j:image
 
f:id:junpoi199:20160822131826j:image
 
 
 
■8/13 琵琶湖発、砂で有名な鳥取行き(二日目)
 
ライダーの朝は早い。らしいのだ。
7時起床は普通。
 
本日は内陸を通りつつ目的地は鳥取砂丘
せっせと走った記憶しかない。
15時ごろ目的地の鳥取砂丘に到着したがお盆の影響もあり凄い人の波だった為、スルー。
 
鮎の里で食べた鮎がとても不味かった。
川魚は難しい。
 
そのまま大山まで走ってキャンプを考えたが、一瞬頭によぎったビールが近所のキャンプ場へと己を導いた。
 
到着。
f:id:junpoi199:20160821223129j:image
 
国道9号線に面した海沿い、北条キャンプ場。
大学生グループがBBQを各所で沢山やっているようだった為、出来るだけ端っこのサイトへ。
 
さっと設営をして、買い出しとお風呂へ。
 
の予定だったのだが、サイトへ向かうルートを間違えた。
サイト区画以外は流石の砂浜。サラサラなのです。
 
 ずっぽりハマってしまった。
脱出不可能。どうやっても抜け出せない。
 
f:id:junpoi199:20160821225131j:image
 
汗だくになりながら押したり引いたりアクセル回したりしたが、うんともすんとも。
 
この旅初のJAF出動。を要請したのだが、
忙しいからと頑なにお手伝いを拒んでおられた管理人さんが手伝いにやって来てくれた。
二人で持ち上げ無事に救出。
本当に本当に感謝を致した次第です。
 
 一時はどうなる事かと。
 
今夜も夕暮れ前に無事設営完了。
f:id:junpoi199:20160821230345j:image
海風の気持ち良いサイト。
 
風呂へ。お隣の羽合(ハワイ)町。
南国ムードたっぷり風の街。
f:id:junpoi199:20160821230704j:image
 
 走り疲れて着いても疲れて色々あったが、500mlを一本飲み干す頃には全て忘れてスマホゲームで遊んでいた。
f:id:junpoi199:20160821230757j:image
 
f:id:junpoi199:20160822133740j:image
 
 
 
■8/14 鳥取発、山口県秋吉台行き(三日目)
 
6時起床。
 
昨晩は気温が高くメッシュ部が少ないテントでは寝にくかった。
入口のチャックを全開で目覚めたが蚊には襲われていなかった模様。
一応持ってきた寝袋も使う機会がない。
 
本日は、家族と山口県秋吉台にて待ち合わせキャンプをする事になっている。
 
目的地まで320kmほど。
無料高速以外は使わないルールな為、せっせと走らねば。
良い道を選んでいる場合ではない。
Yahoo!カーナビに目的地を入力し、一般道の行程を丸投げした。
 
3日連続の晴天猛暑。
てるちゃんやる気十分。
曇りでいいんだよ、曇りで。
f:id:junpoi199:20160822132855j:image
 
 
もう既に、せっかく買ったメッシュジャケットはお荷物と化している。
日中はそれほど暑い。
 
f:id:junpoi199:20160822133921p:image
 
調子に乗って腕まくりをしていたら、豪快に日焼けをしてしまった。
 
※グロ注意
 
 
 
 
 
 
f:id:junpoi199:20160822134012j:image
 
 
失礼しました。
 
 
16時、秋吉台オートキャンプ場に着。
 
ビールぷしゅ。
f:id:junpoi199:20160822162147j:image
 
父、母、妹、甥っ子姪っ子、僕の6名。
賑やかな夜になりそうです。
 
溜まっていた二日分の洗濯を済ませ、
今夜は何も手伝わず飲み食いする係。
 
豪華なリビングスペースです。
 f:id:junpoi199:20160822134546j:image
 
子供達は食事を済ませ早々にiPadを使ってYoutube
iPhoneを使ってポケモン探し。
虫取りでも教えてあげたいところだが、当の本人、虫が苦手で力になれず。
 
大勢のファミリーキャンパーとごく少数のライダーキャンパーで賑わっておりました。
f:id:junpoi199:20160822162653j:image
 
f:id:junpoi199:20160822162748j:image
 
 
 
■8/15 秋吉台発、山口県西部周遊(四日目)
 
実はもう一泊、ここでキャンプをします。
 
昨夜はメッシュタープの下で寝袋を使わず寝たら、思いの外寒く何度か目が覚めた。
 
朝食を取り、本日はノーバイクデー。
疲れが癒えます。
 
 特に行きたい所もなく、車に乗り込み県内の海山をドライブします。
 
北部、青海島には特に何もなく、角島は大渋滞と豪雨に見舞われ、道の駅で風呂に入ってキャンプ場イン。
 
盆はどこも人が多い。
運転も無くのんびり疲れも取れた一日となった。
 
f:id:junpoi199:20160822163516j:image
 
f:id:junpoi199:20160822163529j:image
 
 
 
■8/16 秋吉台発、実家福岡へ(五日目)
 
ここ二日目間、飲み過ぎ夜更かしで朝が辛い。
昨夜はメッシュタープ、コットオンザシュラフで良い寝心地であった。
 
 
撤収前に併設の洞窟。景清洞へ。
f:id:junpoi199:20160822164023j:image
 
中はヒンヤリ17°Cとのこと。
メッシュジャケットが役に立った。
f:id:junpoi199:20160822164130j:image
 
f:id:junpoi199:20160822164158j:image
薄暗くて狭いところが好きなのは昔から変わらない。テントの中も気に入っている。
 
撤収を済ませ、曇り空の秋吉台カルストロードを走行。
これで日本三大カルストと呼ばれる、秋吉台、平尾台、四国と来ることが出来た。
どこも素晴らしい景色だが、標高の高い四国カルストが個人的にはお気に入り。
 
走行の様子を撮ってもらっていたようで。
載せてみます。
f:id:junpoi199:20160822164313j:image
f:id:junpoi199:20160822164321j:image
運転姿勢如何でしょうか。
 
ここからおおよそ100km走って、実家へ。
 
久々に家で寝る。
 
 
 
■8/17 オフ日(六日目)
 
今日はゴロゴロしつつ、NCメンテ日。
 
昼前にオイルフィルターを買うため父親とお出掛け。
ファミリーユサ、南海部品、アストロプロダクツと周り買い出しを済ませ、灼熱の午後に作業を済ませた。(済ませてもらった)
 
本日のメニュー
・オイル交換
・チェーン洗浄、注油
・ホーン交換
 
 夕方から久々にFLHに跨がり地元の海岸をドライブした。
f:id:junpoi199:20160822165819j:image
f:id:junpoi199:20160822165834j:image
 
溢れ出すパワーが気持ちよくつい2時間ほどブラブラしてしまった。
 
地元には海岸沿いに風車群もあり、改めて地元の景色の良さを感じる事が出来た。
住んでいた頃には感じなかったんだがなぁ。
f:id:junpoi199:20160822170000j:image
 
明日からの旅再開の準備をして就寝。
 
 
 
■8/18 北九州発、宮崎県(七日目)
 
朝9時、いざ出発。
 
主な目的地は阿蘇
その後は出来るだけ鹿児島に近付けるところまで進んでキャンプの予定。
 
今日も暑い。
 
阿蘇は変わらずの絶景であった。あった。。
折角なのに写真がない。
暑さに負けそうになり夢中で走ってしまった。
 
ドライブインで九州ではお馴染みのゴボ天うどん。
美味い!
f:id:junpoi199:20160822170323j:image
 
草千里へ行こうとするも震災復旧の為、通行止め。
残念。
早く、復興して欲しい。
f:id:junpoi199:20160822170334j:image
 
その後、酷道っぽい265、388と進んだ辺りで夕立ちに合う。道悪の夕立は恐ろしい。
 
雨具も間に合わずびしょ濡れのまま今夜の宿、
宮崎県、矢立高原キャンプ場へイン。
 
雨が降り止まないので無理言って東屋に張らせてもらった。
 
f:id:junpoi199:20160822170351j:image
 
疲れ果て食欲も無いが、風呂には入りたい。
ここから20分ほど山を下る。18:30。
f:id:junpoi199:20160822183816j:image
 
風呂から上がる頃には辺りは真っ暗になり、街灯も無い山道を震えながら帰った。
行くべきでは無かったかなと後悔した。
 
キャンプ場は標高が高い場所にあり、スマホは圏外である。
 スマホが無いと急に不安になる現代っ子な為、やることも無く、無理やり飲んで22時就寝。
 
 
 
テントの中にて、ここでキャンプ旅を終了する事を決めた。
 
何故だか今日はすごく疲れた。
 
f:id:junpoi199:20160822184308j:image
 
 
■8/19 人吉発、実家行き(八日目)
 
8時起床。
のーんびり寝ました。
 
本当は鹿児島を回って宮崎に戻ってくるような旅程で考えていたのだが、急に終わりたくなってしまった。
 
キャンプ場からキャンプ場への又三郎も疲れるもんだ。次回以降は考えねばな。
 
そうと決まればキャンプ場でボーッとして10時出発。
 
見るからに怖そうな橋を渡ってみたり(歩いて)しながら、
f:id:junpoi199:20160822215807j:image
 
ズルして高速で北へ走り抜ける。
 
福岡市の方で同級生が店をやっているのでそこに立ち寄ろう。帰省のついでだ。
 
絶賛復興作業中の九州道を北に200km、博多区へやって来た。
駐車場を探すのも一苦労な都市である。
 
まずは、慣れない美容室へ立ち寄りヘアーカッツ。
 
お次はカレー屋さんへ。
f:id:junpoi199:20160822220240j:image
 
非常に人気の店らしく行列が止まない。
 
その後、再度実家へ戻り焼肉屋へ行って就寝。
 
もはや旅は終わっている。
 
 
 
■8/20 北九州発、新門司港行き(九日目)
 
昨夜、大急ぎで新門司港〜大阪南港の名門大洋フェリーを予約した。
 
大部屋は苦手なので、なんとか滑り込みで二等洋室ゲット。
 
安心して眠れる。
 
のんびり8時起床。
 
やることも無いのでお昼過ぎまで洗車をしたり荷物をまとめたり。
 
やっぱ九州の締めはこれやろうもん!
という訳で締め豚骨ラー、替え玉硬め。
 
f:id:junpoi199:20160823000512j:image
f:id:junpoi199:20160823000521j:image
 
美味しゅう。たまらぬ。
 
 
やはり盆。フェリーターミナルはライダーだらけである。
f:id:junpoi199:20160823000709j:image
 
中々始まらぬ乗船にイライラ。
ライダーは陽に晒されて暑いのだ。
(自分で勝手にバイクで来てるのだが。)
 
最終日、今夜の宿はこちら。
f:id:junpoi199:20160823000900j:image
 
狭い。最高。
 
乗船と同じくして、さっと入浴。
乗り慣れて来た証か。笑
 
乾杯
f:id:junpoi199:20160823001027j:image
 
同乗のCB400SF乗りの方と仲良くなりお話を致しつつ旅の思い出話を聞いたりしながら、日没。
 
何故だかフェリーから見る夕日は言葉にならない何かがあって大好きだ。
 
f:id:junpoi199:20160823001205j:image
f:id:junpoi199:20160823001214j:image
f:id:junpoi199:20160823001224j:image
バイバイ九州。また来るね。と。
 
 
22:30頃、来島海峡大橋をくぐるのを見届けて就寝。
f:id:junpoi199:20160823001301j:image
 
瀬戸内海を通る船はほとんど揺れを感じることも無くゆっくり眠れる。
 
 
 
■8/21 瀬戸内海のどこか発、東京行き(十日目)
 
朝5時、大阪南港に定刻着。
 
下船車両が多く、下船までに30分は待たされた。
 
後はここから500km強、走り続けるだけだ。
 
9時を超えるとまたまた非常に暑い。
アンダーシャツの袖をPAの度に水浸しにすると涼しく高速道路を快適に走れる事に気が付いた。
灼熱のロングに行かれる方は是非試していただきたし。
 
毎度の東名大和TNの渋滞にもハマり、4時起きの眠さとも格闘しつつ16時に無事、事故も無く帰宅した。
 
 
 
 
 
■最後に
 
長々と取り留めのない記事ですが、最後まで読んで下さりありがとうございます。
 
今回の総走行距離は2600km程でした。
またバイクとも仲良くなった気がします。
 
リアルタイム旅ツイッターもやっています。
もしよければお相手下さい^^

 

毎日走りきる事に必死で、道中の写真が無くツーリングブログというより、泊まった場所で飲んだビールの報告みたいになってしまいました。

もう少しゆっくり各地を旅してみたいと思っているのですが、同じ場所にとどまるのが苦手で悩みどころです。

走り出すと止まれないのは何故でしょうね。

 

次は南国の島ツーを計画中です。

 

終わり

2016北海道ツーリング終了報告 ep.2

こんにちは。
先日、無事に事故もなく、2016年の北海道ツーリングを締めくくる事が出来ました。
 
思えば遠くへ来たもんだと思っていた日を既に懐かしく感じています。
 
やはり旅から帰ると無事に終えた安堵感と共に、猛烈にやり残した事の多さに寂しさを覚えます。
 
それでは、今年は最後までまとめます。
(去年は途中で記事を書くのをやめてしまった。。)
 
 
 
■7日目
 
昨晩の星空が嘘のように朝起きると辺りは霧に包まれ何も見えません。
 
f:id:junpoi199:20160704214336j:image
 
これが有名な屈斜路湖名物の雲海の原因です。
 
お隣の占冠からいらしたお兄さんに聞くと、このタイミングで近所の津別峠を登ったところから見る雲海が最高なんだと。
 
よぉーし。じゃあいっちょ見てくるかと張り切って準備をしていたら、
f:id:junpoi199:20160704214628j:image
 
f:id:junpoi199:20160704214642j:image
 
ほんの数分のうちにお山の向こうへ霧が吸い込まれていきました。
 
 
おはようございます。本日も快晴です。
 
ささささーっと撤収を済ませ、屈斜路湖北側の峠を越え知床を目指します。
f:id:junpoi199:20160704214826j:image
 
ここで、問題発生。
 
ヘルメットにマウントしていたアクションカムSONY AS100Vの電源が入りません。充電もされません。
 
折角お喋りでもしながら景色を撮ってたのに...泣
 
どうする。旅のテンションで新しいのを買うか。
ヤマダ電機のポイントが貯まってる。
近所のヤマダ電機は。。。網走。。
ルートを変更して網走に向かいます。
 
開店前に着!
f:id:junpoi199:20160704215256j:image
 
店内を見る。
アクションカムのコーナー無し!さらば!
早々に諦めがつきました。
 
気を取り直して斜里を目指します。
今回は目的地があります。
 
海まで続く(ように見える)お山の麓に行ってみたいのです。
 
途中、いかにも北海道な道を抜け、
f:id:junpoi199:20160704215542j:image
 
 着!
f:id:junpoi199:20160704215623j:image
 
自撮りで一服。最高ですなぁ^^
f:id:junpoi199:20160704215722j:image
 
知床峠を登る前にお昼を頂きました。
一休屋さんの鮭親子丼?だっけな?うまい!
f:id:junpoi199:20160704215820j:image
 
今年はリベンジだぜ。知床峠
暖かくええ天気です。
f:id:junpoi199:20160704215937j:image
f:id:junpoi199:20160704220025j:image
 
その後は羅臼側へ抜け、本日のお宿。
羅臼温泉野営場。
f:id:junpoi199:20160704220310j:image
 
目の前に有名な地元の方々が管理されている無料の温泉、熊の湯さんがあるキャンプ場です。
程よい硫黄の香りがする良いお湯です。
 
早く着いたので、今日はチェーンのメンテを致しましょう。
f:id:junpoi199:20160704220534j:image
冷えたおビールをいただきながら。
 
 今日は早めに風呂入ってめし!
セイコーマートさん、毎晩ありがとう。
f:id:junpoi199:20160704220811j:image
f:id:junpoi199:20160704220829j:image
 
ワンタッチテントを持ってきて良かったなー。
f:id:junpoi199:20160704220922j:image
 
寝る前にもうひとっ風呂浴びて。
無料だし、地元の人優しいし。
キツネもいるし。
 
お風呂から帰ってきたらテントのインナーをキツネに破られていました。
丁度現場に出くわしました。
f:id:junpoi199:20160704221620j:image
 
カップラーメンをテントに入れっぱなしにしていました。あーやっちゃった。
 
ガムテで補修してキツネ臭いテントにて、旅のブログep.1を書いて21時就寝。
今夜は誰ともお話をする事が無かったな。
 
 
 
■8日目
 
グンモーニン。
今週は晴天続きらしいのでそれだけで十分。
旅の予定などはざっくりです。
f:id:junpoi199:20160705010803j:image
 
7:30起床。少しずつ起きる時間が遅くなっています。
せっせと走り続ける旅程も好きなのですが、今回は出来るだけ現地でのんびり過ごしてみたいと考えていました。
 
キャンプ場から徒歩3分。
朝も熊の湯さんにお邪魔します。
f:id:junpoi199:20160705011243j:image
 
のんびり撤収をし、南を目指します。
本日の目的地は霧多布。
 
根室の西側にある小さな街ですが、僕は前回来た時からこの街がお気に入りです。
 
本日もソフトクリームが美味しい気温です。
 
f:id:junpoi199:20160705011649j:image
 
別海町を抜けのんびり走ります。
裏道にあるこの無骨な展望台。絶景です。
でも、写真は何故か無い。。。てっゆう。詰めの甘さ。
f:id:junpoi199:20160705012139j:image
 
 根室を経由し、納沙布岬へと向かいます。
食べたかったサンマ丼をお昼に頂きました。
贅沢に花咲蟹の味噌汁も。
f:id:junpoi199:20160705012259j:image
f:id:junpoi199:20160705012313j:image
 
根室市街までは晴天だったのですが、ここで濃霧注意報。
f:id:junpoi199:20160705013451j:image
道東の太平洋側は霧が立ち込める事が多いようです。
案の定霧多布も。。字の如くですね。。
 
でもどうしても泊まりたかったキャンプ場なので濃霧結構、お邪魔しましょう。
f:id:junpoi199:20160705013950j:image
 
無料のキャンプ場ですが、設備も良く綺麗です。
夜には晴れるんじゃ無いかなーなんて期待をしましたが。。。
 
f:id:junpoi199:20160705014245j:image
 
ダメでした。笑
 
近所で美味しい牛乳が飲めるとの事で、伺いました。
f:id:junpoi199:20160705014340j:image
 
小松牛乳さん。
牛の横で出来立ての?牛乳を頂きました。
甘くて美味しかった。
ハーゲンダッツアイスの原材料になっている牛乳との事。美味いわけですね^^
 
 
飯!
セイコーマートさんありがとう!美味しい。
f:id:junpoi199:20160705014643j:image
 
岡山から来ているというマツダロードスター乗りの若者と23時くらいまでヒソヒソ話をしながら呑み就寝。
朝には霧が晴れているといいな。
 
 
 
■9日目
 
ダメでした。
朝起きても霧が立ち込めています。
 
天気予報を確認するとこの日は富良野美瑛辺りは晴天との事。
 
ここから約350kmほどありますが、抜け出しましょう。
 
何故だか写真が一枚も無いのです。
 
それだけ一生懸命走りました。
 
本日、一枚目の写真がこちら。
 
f:id:junpoi199:20160705015259j:image
 
なんじゃこれ。というよく分からない写真ですが、帯広まで来ています。
食べたかった六花亭さんのサクサクパイです。
 
 
富良野に近づくに連れ本来の姿を取り戻してきました。
 
f:id:junpoi199:20160705015708j:image
 
それと同時に内陸に少し飽き始めている自分もいまして、今考えると贅沢病だなと感じます。
 
上富良野の日の出公園キャンプ場にIN
 
ランドリーやらコインシャワーやらが24時間使える超都会派キャンプ場です。
f:id:junpoi199:20160705020210j:image
 
昨日の霧でビショ濡れになったタープとテントを乾かします。
f:id:junpoi199:20160705020221j:image
 
本日で北海道ツーリング、ラストキャンプなのです。
寂しい。
 
近所の大型スーパーで夜ご飯を買い出し!
セイコーマートさんごめん。
f:id:junpoi199:20160705020547j:image
 
夜になるにつれ、さすが都会派キャンプ場。
目の前のバーベキュースペースに若い男女グループが集まり宴会が始まってしまいました。
 
設営場所を間違えた。。。
f:id:junpoi199:20160705021128j:image
 
22時の消灯まで静かな場所へ避難し、お開きになったところで帰宅致しました。
設営場所は考えないとなぁ。と勉強になった日でした。
 
今夜は新潟から山登り目的の車中泊に来られている年配の方よりワインをご馳走になりました。
小一時間ほどお話をし、消灯となった22時過ぎに就寝。
 
明日は札幌のビジネスホテルをとっています。
 
 
 
■10日目
 
今日も朝から天気が良いので思いっきりテントを乾かし、のんびり11時に出発です。
f:id:junpoi199:20160705021745j:image
 
北海道のキャンプ場は連泊の方が多いのでこの時間も賑わっています。
 
トランクスいっちょでハーレーの洗車をしているおじいさんが印象的でした。
 
富良野のキャンプ場は中国からの家族連れも何組かいて、驚きました。
母国ではあまりキャンプを出来るところがないようです。(設備の面で)
 
 
出発後、ローソンで帰りのフェリーの代金を支払います。
この時すごく寂しい気分になったのを覚えています。
f:id:junpoi199:20160705022251j:image
 
道の駅しんしのつにてビュッフェ昼食。
地元の野菜がいとうまし!
f:id:junpoi199:20160705022353j:image
 
札幌まで富良野から120km程なので時間つぶしが大変。。
 
ホテル到着後は大都会を感じに札幌観光へ。
f:id:junpoi199:20160705022612j:image
 
久しぶりの生ビールに感激し、
f:id:junpoi199:20160705023018j:image
 
一人居酒屋で打ち上げを執り行いました。
f:id:junpoi199:20160705023053j:image
f:id:junpoi199:20160705023125j:image
厚岸の牡蠣に根室の日本酒、イナダのタタキにカマ。
街では気軽に声を掛けて飲む訳にもいかず、少し寂しい打ち上げでした。
 
 
 
■11日目
本日道内最終日、
夜の22時にはフェリーに乗り込みます。
 
朝から生憎の雨模様。
 
走る気分にもなれず、フェリー出航までどこかでのんびりしようかな。
 
そうだ。温泉好きとしては、登別温泉は外せない。
そうしましょう。向かいましょう。
 
途中、奇妙な道の駅、大滝村きのこ王国にて雨宿り。
f:id:junpoi199:20160705023546j:image
 
f:id:junpoi199:20160705024502j:image
 
f:id:junpoi199:20160705024515j:image
名物100円きのこ汁と行者にんにくソーセージを頂く。
 中々うまい!
雨も止む気配がないので風呂に入るイメージをしながら走ります。
 
登別温泉、滝本さんへイン。
立派なホテルで、屋根付き駐車場をご用意頂きました。
f:id:junpoi199:20160705024552j:image
バイクに乗っていると本当に屋根付きの駐車場は助かる。
 
立派なホテルでした。
浴槽も20以上あり、登別のお湯が3種類ほど楽しめます。
f:id:junpoi199:20160705024817j:image
 
ここに4時間ほど滞在し、苫小牧西港へ向かいます。
雨が止みません。夜の雨降りは怖い。街灯も少なく。
 
f:id:junpoi199:20160705025241j:image
 
着いた頃にピタッと止みました。
うーむ。
 
乗船!
f:id:junpoi199:20160705025339j:image
 
また直ぐに風呂に入り、サウナで身体を極限までイジメ抜き北海道最後の晩酌です。
美味かった。
f:id:junpoi199:20160705025405j:image
 
同じくバイクで乗船された、セローの方と、VFRの方と仲良くなり、北海道ツーリングの締めに乾杯しました。
f:id:junpoi199:20160705025710j:image
 
セローの方は2泊3日の弾丸ツー。
(北海道滞在1日)
というツワモノ。そんなスケジュールも有りなんだ。と感心。
 
VFRの方は大柄な車体にこれでもかと荷物満載!
沢山写真を撮って頂きました。
 
道内では一度もお会いしていない方々ですが、帰りのフェリーでお会いしただけで直ぐに会話が始まって宴会ができる。
バイクで旅をする醍醐味でもあると感じます。
 
皆、それぞれの北海道を楽しまれた様子でした。
 
22時の乗船から、宴会は続きあっという間に午前2時。
船が出航した所でお開きとなり、皆疲れも有りなだれ込むように床へ着くのでした。
 
 
 
■12日目
 
9時起床。
到着の19:45まで船内でのんびり過ごします。
 
岩手県を過ぎた辺りで雨も止み、甲板で地図を眺めながら思い出を整理整頓。
f:id:junpoi199:20160705030552j:image
 
この場所が気に入りほとんどの時間ほどをこの甲板で過ごしました。
タバコも吸えるし、気持ちいいし^^
f:id:junpoi199:20160705030824j:image
f:id:junpoi199:20160705030835j:image
 
お昼を過ぎた辺りで昨晩飲んでいたメンバーが甲板に集まりやんややんやとお話し。
 
記念写真を撮りました。
この度初めて誰かと写真を撮りました。
f:id:junpoi199:20160705031315j:image
 
船から見える夕日は何とも物悲しく。
f:id:junpoi199:20160705031339j:image
 
大洗に近づくに連れ、どんどんと上がっていく気温。もう北海道じゃないんだなぁ。なんて考えながら。
 
一人旅も悪くない。
気楽で良い。
少し寂しい。
 
北海道でお会いして星空の下、一緒に呑んでくださった方々、連絡先も名前も知らないけど楽しかったです。ありがとうございました。
 
終わってみれば短い旅であったと感じます。
体調を崩したことが悔やまれる。
でも本当に楽しかった。
 
 
 
 
 
帰宅後、来年の北海道ツーリングの計画を立て始める訳であります。
 
 
 
おわり
 
 
 
ツイッターをやっていまする。
もしよければお相手下さい^^



北海道、旅の折り返し報告 ep.1

只今旅の途中で今夜は暇なので、簡単にこれまでを少しまとめてみようと思います。
 
 
 
■1日目
今回の出発地仙台港へ出発。
f:id:junpoi199:20160628204245j:image
 
ブログ友達のG_masaさんにお見送りに来て頂きました上、記事にもしていただきました。
 
 無事に出発しました。
 
 
 
■2日目
午前11:00 苫小牧港に到着。
フェリーに乗る前からどうも喉の調子が悪く、扁桃腺が腫れていて物を飲み込むのが辛い。
 
その為、到着後一番に向かったのは病院。w
f:id:junpoi199:20160628204743j:image
 
痛み止めと抗生物質をゲットし出発。
不安である。
 
 今夜のキャンプ場、留萌を目指してひた走る。
痛い。
f:id:junpoi199:20160628205134j:image
 
景色は抜群だが、道路沿い。
地元のお寿司屋さんで買い出し中に岐阜から来られたハーレーライダーと出会い、キャンプ場へ。
 
ソロキャンプはこういった出会いもありがたい。
 
痛み止めが効いている間だけ晩酌をし就寝。
 
 
 
■3日目
痛い。
目がさめる。午前4:00
 
体調不良を改善する為キャンプツーを中断し、ホテル泊にて休養を検討するのだが、昨日ご一緒した岐阜ライダーくんの熱意に負け、北を目指す。
別々に。
示し合わせはなく。(この後ばったり道の駅で2度出会う)
 
雨が降る中ひたすらに北を目指す。
 
f:id:junpoi199:20160628205903j:image
 
稚内の最北端マクドナルドにて休憩。
ここでも偶然に岐阜ライダーくんにまた遭遇。
驚いた。
 
 
 
宗谷岬を過ぎ浜頓別にあるお気に入りのキャンプ場、クッチャロ湖畔に到着し設営。
 
f:id:junpoi199:20160628205559j:image
 
まさかまさか、岐阜ライダー登場。
 
今夜は盛大に飲もうw
(結果、痛み止めで誤魔化していた体調が悪化)
 
良き出会いには感謝したい。
 
 
 
■4日目
午前2:00に痛みで目覚め、流石に休養をせねばまずかろうと思い、今夜の宿を探す。
 
残り物の巻物でおかゆを作り食べた。
f:id:junpoi199:20160628222219j:image
 
手頃な宿は網走にあった。
 
浜頓別から250km
 
早朝から痛みを我慢し走る。
 
雨の中12時網走着。チェックインは16時。をどうしても曲げてくれず、ホテルのロビーにて4時間ほど休養。
充電したり動画のバックアップしたり。
 
f:id:junpoi199:20160628221948j:image
 
この日はそのまま床に着きました。
 
 
 
■5日目
チェックインの融通が利くホテルを探して北見へ移動。この日は小雨。
 
網走から40kmほど。すぐに到着。
先ずは病院へ。
 
大きな耳鼻咽喉科の病院で華麗な流れ作業で治療を受け薬を受け取る。
 
f:id:junpoi199:20160628222317j:image
 
栄養つけて休養という事でお昼はお寿司を頂きます。地元で人気店との事。
 
f:id:junpoi199:20160628222343j:image
 
13時ホテルにチェックインし、昼寝。
 
夜も精を付けねばと肉。
 
f:id:junpoi199:20160628222401j:image
 
そして寝。
 
食っちゃ寝。
 
 
 
■6日目
 
起きたら快晴!予報通りです。
そして、喉の痛みが全くありません。
3日ぶりのタバコは少し苦かったです。
神様。ありがとう。これでまた戦える。
f:id:junpoi199:20160628223047j:image
 
気分最高でございます。
美幌峠からの屈斜路湖の景色も最高です。
 
f:id:junpoi199:20160628223204j:image
 
昼。和琴半島へ移動し早々にテントを設営。
f:id:junpoi199:20160628223333j:image
 
そして開陽台へ。
f:id:junpoi199:20160628223426j:image
向かっています。
 
着。
f:id:junpoi199:20160628223448j:image
 
糖質制限中も完全に忘れ久々にソフトを頂きました。
ハチミツがかかっててあんまい。
f:id:junpoi199:20160628223559j:image
 
霧の摩周湖に立ち寄ります。
f:id:junpoi199:20160628223650j:image
 
 
 
まだまだ結婚は先のようです。
 
帰りに露天風呂に浸かります。
久々の温泉です。貸切にて。
f:id:junpoi199:20160628223742j:image
f:id:junpoi199:20160628223752j:image
 
生き返る、そして夢心地。
 
我が家に戻りまして、お隣の占冠から来られたというお兄さんと晩酌をし、床に着きました。
 
f:id:junpoi199:20160628223840j:image
 
 
寝る前にカメラと格闘し良い写真を収める事が出来ました。
 
 
満点の満天の星空でした。
f:id:junpoi199:20160628224010j:image
 
 
まだまだ続く、旅の途中。
 
 
ツイッターをやっていまする。
もしよければお相手下さい^^